Welcome, Guest. Login

サンプルページ

  • レーシックを受けると視力はどうなるか。

    レーシックを受けると劇的に視力が良くなり、しかも永久的にみえやすくなるというので、最近かなり話題になっています。しかし、近年になってから改札された技術であるため、今後受けた人の目の状態がどう変化していくかは分かりません。もしかしたら何十年後かに調子が悪くなるかも知れませんし、まだまだ道の領域です。聞いた話では、眼科の先生はレーシックは決して受けないそうです。もしかして我々の知らない何かをしっているのでしょうか。そう聞いた時に、安易にレーシックを受けるのはなんだか怖いなあと思ってしまいました。
    レーシックはまず目の角膜を切り取って、そこからレーザーを当ててゆき、治療が終われば角膜を元に戻して終了という、かなり簡単な手術でしょう。しかし、実際に角膜を切る際に筋が入ってしまい、角膜炎などの炎症を起こしてしまう方もいらっしゃるようで、そんな病院は注意が必要です。目は一回失明してしまうとなかなか視力を取り戻すことは難しいですから、きちんと調べてからレーシックを受けるべきです。

  • レーシックを受ける際の視力

    近年になって、レーシックを受ける人も多くなり、非常に話題を呼んでいます。レーシックを受けると、眼鏡もコンタクトレンズも必要なくなり、大変楽な生活が送れるでしょう。特にコンタクトがだめでずっと眼鏡にしてきたが、なんだか不便だと思っていた人、眼鏡もコンタクトレンズも相性が合わない人にとっては、レーシックはとても素晴らしい技術に思えるでしょう。値段は高いにしろ、永久的に視力が良くなるのを考えれば、コンタクトのケア代、レンズ代、眼鏡のメンテナンス代を考慮すると、安い方かもしれません。
    また、お年寄りでも、白内障でなければ、レーシックによって、視力を大幅に良くすることが出来ます。老眼鏡を付けるにも億劫に思っているお年寄りにとっては、いい話かもしれません。実際私のおばあちゃんもレーシックを受けて、眼鏡をする必要が無くなり大変喜んでいましたし、とても楽そうでした。実は若者だけでなく、お年寄りにも有効なのは、かなり画期的ではないでしょうか。

  • レーシックに関する視力の口コミ

    レーシックは近年になって開発され、大変な話題になっています。レーシックを受けるだけで、視力が良くなり、今後眼鏡をかけなくても、コンタクトレンズをつけなくてもよくなり、手間が省けるのです。しかし、レーシックが普及するに従い、問題あるクリニックも増えてきました。視力を回復させるどころか、結膜炎などの炎症をもたらしてしまい、結局病院へいかなくてはならなくなります。その原因として、レーシックを受ける際の機材が不潔であることが取り上げられます。実際目に触れるものであるのに、きちんと医療の現場できれいにたもたれていなかったり、使いまわして経費を削減し、儲けをたくらんでいるのです。
    そんな悪徳の病院も増えてきたため、レーシックを受ける際にはしっかりとした病院選びをすべきでしょう。口コミはかなり重要でしょう。少しでも悪い印象を受けた書き込みを見た場合はその病院を一度保留にするといいかもしれません。周りにレーシックを受けた人がいれば、その人に紹介してもらうのもいいかもしれません。

  • いつかはレーシックで視力を回復してみたい

    私の視力は0.01以下と眼科の先生に言われました。現在は、コンタクトを付けて日常を過ごしているわけですが、コンタクトも安全と言えど、少なからず目に悪影響を及ぼしていると思います。なんせ、目に異物が入っているわけですから。いつかは、レーシックの手術を受けることによって、視力を回復させていと思うのです。
    今は怖いと思っている人でも、数年後先の将来には、他の医療先進技術と同様にレーシックの技術も格段に向上しているでしょうし、レーシック患者の人数も増加していることだと思います。今の時代、パソコンや携帯電話やゲーム機といった昔にはない、いわゆる視力を低下させてしまう要因は多々あります。確実に便利と言えるものなので、それらを放棄することはできないと考えると、これから先もっともっと視力の低下にあえぐ人口が増えることも容易に想像できると思います。それらが互いに相関しあい、レーシックの技術は向上し、危険性のリスクも徐々に低下していくでしょう。今、特に視力に困っておらず、レーシックにたいして抵抗がある人も数年後に受診しているかもしれませんね。

  • 視力が悪く、レーシックを決意

    わたしは小学校から視力が悪く、その当時は0.5くらいでしたが、高校のときには0.03くらいしか見えず、ほんとうに不便でした。めがねをしたり、目がよくなると言われる整体師に見てもらったり、いろいろためしましたがどれも効果がなく、悪くなる一方でした。そして、就職し、同僚からレーシックをすすめてもらい、検査しました。眼圧をはかったり、視力検査をしたり、細かいデータをとりました。そして、丁寧に手術当日のこと、術後の検査についてなど、説明を聞き、手術にのぞみました。
    点眼麻酔をして、(痛みはありません)目に照射するのですが、そのときも痛みはありませんでしたが、目をずっとあけているので、何をしているのかがわかり、友人は怖かったといっていましたが、私はむしろ見えてたほうがよいと思ってみていました。目をずっとあけていなければいけないのですが、機械であけさせられているので、閉じてしまうことはありません。手術というと怖いと思いがちですが、今、とてもよく見えるので、行って本当によかったと思います。